「賃貸」か「一戸建て購入」どっちがおすすめ?

住居は生きて行く上でとても大切な要素です。

賃貸物件に住み続けるか、一戸建てを購入するかで迷う人は多いですね。

特に家族が増えると住まいの広さと費用のバランスを考えて、どちらがよりよい道か悩むでしょう。

そこで、ここでは賃貸と一戸建ての違いやメリット・デメリットを見てみましょう。将来設計を真剣に始めたい人、お金のことを考え始めたい人に役立つ情報をまとめました。

1. 「賃貸」か「一戸建て購入」どっちがおすすめ?

生活の基盤となる住居を得る方法には、賃貸と購入の2種類があります。

学生時代や新社会人~独身時代はほとんどの人が賃貸を選びますが、徐々に生活が落ち着いて家族を持ち始めると賃貸派と購入派で意見が分かれ始めます。

果たしてどちらがおすすめなのでしょうか?

これに関しては明確な答えを出すことはできません。

というのも、人によって価値観や幸せの定義、将来設計などが大きく異なり、それによって賃貸と購入どちらもおすすめできるからです。

賃貸には賃貸の、購入には購入の大きなメリットがあり、同時にデメリットもあります。

賃貸と購入、それぞれがどのようなケースに適しているのか考えてみましょう。

1-1. 賃貸がおすすめのケース

賃貸を選んだ方がよいケースや考えは以下のようなタイプの人です。

  • 最新の設備や新しい住まいに住み続けたい場合
  • ライフスタイルや環境に合わせて住み替えをしたい場合
  • 固定資産税を支払いたくない場合

賃貸の最大のメリットは「住み替えが気楽にできること」です。

例えば近所にトラブルメーカーが引越して来たり、大きなビルが建設されて眺望が悪くなったりした時など、賃貸であれば更新をしなければすぐに引越すことができます。

持ち家だとどんなに環境が悪くなっても気軽に引越すことはできませんよね。

また、ライフスタイルに合わせて住居の広さを合わせていきたいという場合も賃貸がおすすめです。

子どもができたら広い所に引越し、独立したら家賃節約のために少し狭い所を選んだり、老後は介護付きの住居を選んだりすることも賃貸であれば気楽にできます。

常によい環境や新しい設備の中で暮らしたいという方は賃貸の方が不自由しないでしょう。

1-2. 一戸建て購入がおすすめのケース

購入を選んだ方がよいケースや考えは以下のようなタイプの人です。

  • 何十年単位で見て住居費を節約したい場合
  • 老後も含めて同じ場所に安定して住み続けたい場合
  • 家という大きな資産を持っておきたい場合

一戸建て購入での最大のメリットは「資産を持つことができる」ということです。

賃貸ではどんなに長く住み続けても自分の資産になることはありませんが、一戸建て購入の場合は大切な資産になります。

また、ローンの支払いが終われば固定資産税や修繕費のみで住み続けることができるので、収入が減っても生活に困ったり、住むところに困ったりするリスクが少ないです。

また、持ち家は自分や家族の好みに合わせてカスタマイズすることができます。

賃貸だとさまざまな制約がありますが、持ち家であればプチリフォームをしたりDIYをしたりすることも可能です。

同じ場所に長く住み、地域との結びつきもしっかり考えていきたいという場合は一戸建ての方が住居費も節約できるのでおすすめです。

2. 「賃貸」と「一戸建て購入」の6つの違い

賃貸と一戸建ての購入ではどのような違いが出てくるのでしょうか?

気になるお金や保険の話を始め、生活を左右しかねない大きな違いについて解説していきます。

2-1. 生涯コストの違い

賃貸と購入では生涯コストにどのくらい差が出るのでしょうか?

多くの人がとても気になる部分だと思います。

ここでは50年間の住居費を比較してみます。

まずは4,080万円の一戸建ての物件を35年ローンで購入すると仮定した場合のコストです。

毎月12万円のローンを支払うとしてシミュレーションしてみます。

項目 費用
物件の価格 4,080万円
ローンの利息 960万円
住宅ローン減税 -400万円
購入時の諸費用 120万円
修繕費 600万円
リフォーム費 200万円
固定資産税 350万円
合計 5,910万円

(参照:https://o-uccino.com/front/articles/47374

続いては賃貸物件に50年間住み続けた場合のコストを計算してみましょう。

こちらも毎月12万円の家賃を支払うものと仮定します。

項目 費用
家賃 7,200万円
更新料 300万円
管理費 600万円
駐車場代 600万円
合計 8,700万円

(参照:https://o-uccino.com/front/articles/47374

毎月の支払額がローン・家賃それぞれ12万円と同じでも、50年先を考えてみると大きな差ができることがわかりました。

賃貸の場合は更新料・管理費・駐車場代がかなり大きくなっています。

また、住み替えを行う場合はこれに引越し費用や敷金・礼金などもかかるため、さらにコストは高くなると考えましょう。

購入の場合は頭金ゼロで計算をしていますので、一定額の頭金を支払う場合はローン期間や利息が少なくなります。

また、リフォームや修繕は住宅の状態にもよるので、かなり個人差があると考えてください。

2-2. 広さの違い

一戸建てを購入した場合と賃貸の場合とでは、毎月同じ金額をローン・家賃として支払っても、住める住居のグレードに差がでます。

地域による差も大きいですが、都内で12万円のローンを支払う場合と、12万円の賃貸物件に住む場合とでは住居の広さに大きな差があります。

毎月の返済が12万円の一戸建てであれば3~4LDKクラスの十分な広さのある住宅に住むことも可能です。

対して家賃12万円の賃貸物件は、家賃が高い地域だと広くても1LDKほどの広さの物件しかありません。

広い場所でのびのびと暮らしたい、子育てに十分な広さがほしいという場合は一戸建てを購入した方が費用をおさえることができます。

2-3. 将来性・資産価値の違い

賃貸物件はどんなに高い家賃をはらったり、長く住み続けたりしても物件を買い取らない限りは自分の資産になることがありません。

対して、家賃と同額程度のローンを支払う一戸建て購入の場合は自分の不動産資産となります。

地域の人気が高まればその分資産価値も高くなるという利点があります。

自分の資産になっていれば仮に住まいを移したくなった場合も、売却や賃貸という形で活用することができます。

地価や人気によって活用が難しい可能性もあるので、すべての持ち家に言えることではありませんが自由に活用できる資産であることは間違いありません。

資産価値は築年数が増えるごとに低下していき、一戸建ては25~30年で資産価値がほとんどなくなります。

しかし、リフォームを行ったり、子どもや孫の世代に受け継いだりという形で活用できるのは購入ならではです。

2-4. 税金の違い

住宅を購入すると必ず「固定資産税」を支払うことになります。

住宅の作りによって金額は異なりますが、いずれの場合もローンが終わっても不動産を所有している限りは支払い義務が生じます。

住宅購入に関連する税金はマイナスばかりではなく、「住宅ローン控除」という優遇制度があり、これによって所得税や住民税が還付されるメリットもあります。

中古住宅・新築住宅によって控除額が異なりますが、利用すると負担を大きく減らすことが可能です。

賃貸の場合は固定資産税が一切かかりません。

しかし、住宅ローン控除のような優遇制度の対象にもならないので、税金関連では賃貸の場合はマイナスもプラスもないということになります。

2-5. 万が一の時の保険の違い

一戸建てを購入したときは元気に働いても、突然の不幸で一家の大黒柱を失うという可能性があります。

そんな時に助けとなるのが「団体信用生命保険(団信)」というものです。

団体信用生命保険はローンを組んだ本人に万一の事が起きた場合、その時点での借入残高と同等の保険金を受け取ることができるシステムです。

住宅ローンが残っていてもその時点でゼロにすることができるので、残された遺族が住宅ローンの支払いに苦しむことがなくなります。

賃貸の場合は団体信用生命保険のような制度がなく、もちろん団体信用生命保険に加入することもできません。

そのため、働き手が倒れた場合や亡くなった場合も、個人の保険などで賄いながら同じ家賃を支払い続けなければいけません。

2-6. 退職後の金銭的な負担の違い

現役で働いている間は一定の給料が入ってきますが、定年・退職を迎えると収入は途絶えることになります。

一戸建て購入の場合は、この時点でローンが終わっていなくても退職金で完済したり、毎月の支払額を減らしたりすることができます。

大幅に収入が減る中で毎月の支払いを減らせるというのはとても助かりますよね。

賃貸の場合はそうはいかず、退職して収入がなくなってもずっと同じ家賃を支払い続けなければいけません。

特に苦しくなることが多い年金がもらえるようになるまでの空白の期間も同じなので、金銭的な余裕がなくなってしまうことがあります。

賃貸の方が金銭的な負担が大きくなると考えておきましょう。

3. 賃貸か一戸建て購入、どっちにするか迷った場合の相談先

賃貸にするべきか、一戸建て購入に踏み切るべきか…将来を左右しかねない問題なので、本当に迷いますよね。

どうしても自分で決められない、不安が残るという場合は専門家に相談した方がよいでしょう。

  • ファイナンシャルプランナーやコンサルタント
  • 不動産会社
  • 銀行

お金が大きく関係することですので、住まいのことだけでなく将来設計という形での相談がおすすめです。

ファイナンシャルプランナーやコンサルタントは、あなたの収入や資産状況を考えた上でお金の適切な使い方を考えてくれます。

その中で住宅にかかる費用のことも相談すれば、希望やライフスタイルに合わせた道をアドバイスしてくれるはずです。

4. まとめ

賃貸に住み続けるか、どこかのタイミングで一戸建てを購入するかは多くの人が抱える悩みの1つです。

特に最近は住宅の価値が下がりやすかったり、地域格差が生まれていたりするため、すべての人に最適な道というものがなく、答えを見つけられないでいる人が多いようです。

賃貸か購入かの判断基準としておすすめしたいのは、「どのような生活を送りたいか」を基本に考えることです。

生涯コストなどの損得だけで考えると満足できる住まいを手に入れることが難しいので、将来設計と合わせて考えてみてくださいね。

おすすめの記事