賃貸で同棲を始めるための3つのチェックポイント
from Pixabay

恋人同士で賃貸物件を探す場合に、注意したいポイントがあります。

無事に入居審査に通ることも大切ですが、契約後に一緒に暮らすことを考えて物件を選択することも重要ポイントです。

同棲カップルが賃貸物件を探すときに意識したいポイントは、①賃貸物件自体が同棲カップル可能物件であり、②間取りと③家賃が幸せな同棲生活をするために最適であるかです。

また、入籍をしていない同棲状態であるために、入居審査に通るかどうか不安に感じることがあるでしょう。

それでも、大家さんに黙って同棲を始めてしまうと、バレてしまった時に契約違反に当たる場合があります。

入居審査に通るための注意点とあわせて、契約書の気になる名義人、同棲カップルにおすすめの広さや間取りなどの情報もまとめています。

同棲することを隠して賃貸契約を結ぶのではなく、同棲でも入居審査に通りやすくなる方法をお伝えしますので、参考にしてください。

おすすめ賃貸情報

都内で希望の部屋を探すなら「賃貸情報サイトいえどき」がおすすめ! 写真付きの詳しい物件情報が見つかります!

①同棲できる賃貸を探す

同棲することを前提に賃貸物件を探す場合には、一緒に暮らすことを不動産会社に伝えましょう。

結婚していないことを後ろめたく感じてしまう人もいるかもしれませんが、同棲するために賃貸物件を探すカップルは意外にたくさんいます。

同棲することを隠して契約をしても、大家さんにバレてしまう不安と隣り合わせでは新生活がどんよりしてしまいます。

始めから同棲でも借りられる物件を見つけることをおすすめします。

大家に黙って同棲をすると契約違反の可能性あり

以前よりは結婚していないけれど一緒に暮らす同棲に対して、マイナスなイメージは減ってきています。

それでも、古風な考えを持っている大家さんの場合には、結婚前の男女が一緒に暮らすことを快く思わないこともあります。

そのため、入居許可が降りるかどうかは大家さんの考えが大きく影響をします。

大家さんが決定する入居審査に通るために、同棲することを隠して申し込みをすることはおすすめできません。

バレてしまった時に契約違反になることもありますので、正直に伝えた上で借りられる物件を見つけましょう。

まずは、不動産会社に正直に話をして誠意を伝えていきましょう。

信頼できる人柄が伝われば、大家さんとの交渉の時に味方になってもらえることもあります。

②同棲におすすめな賃貸の広さ・間取り

生活費の中で家賃の占める割合は高いために、可能な限り安い物件を見つけたいと思うカップルも多いでしょう。

安い物件を見つけようとすると、どうしても狭い間取りの物件ばかりが候補に上がります。

確かに、家賃を安く抑えられれば生活が楽になりますが1Rや1Kではなく、ひとりひとりの部屋が確保できる間取りを見つけるようにしましょう。

長期間一緒に暮らしていると、どんなに仲良しでもひとりの時間が欲しくなることもあります。

また生活スタイルにズレがあれば、就寝時間や起床時間が異なります。

お互いの暮らしを尊重しながら暮らすことを考えた場合には、2Kまたは2DK以上の物件が快適です。

③賃貸で同棲を始める場合の家賃

同棲カップルの場合にはふたりの収入の合計ではなく、収入が高い人の月収を基準にして入居審査をします。

それは、籍を入れていない関係のため、別れてしまった場合のことを考えての対処です。

すべての不動産屋さんや大家さんが、ひとり分の収入しか考慮しないわけではありません。

なかにはもうひとりの月収の3割ほどをプラスして、入居審査をしてくれるケースもあります。

家賃は月収の3割以下であることが理想です。

これは同棲カップルにも同じことが言えます。

将来を見越して貯蓄をしようと思っている場合には、2~2.5割に抑えるようにしましょう。

たとえば、名義人の月収が25万円の場合には、家賃が7.5万円以内の物件なら入居審査に通る可能性が高くなります。

家賃相場は入居審査の基準になると同時に、理想的な暮らしをするための目安になります。

賃貸物件の契約時には、敷金や不動産屋さんに支払う手数料を計算すると、家賃の5倍以上のお金が必要です。

物件の契約時にかかる初期費用に加えて、引越しにもお金はかかります。

家賃は固定費ですので、余裕を持って支払える物件を見つけるようにしましょう。

同棲する賃貸の契約内容を確認

同棲する賃貸物件であっても、ひとり暮らしであっても賃貸契約書に書かれている内容をしかり把握することはとても大切です。

後からイヤな思いをすることや、トラブルの原因にならないように、わかりにくい点があれば教えてもらいましょう。

賃貸契約を結び新しい生活を始めるためには、大家さんの許可が必須です。

入居審査に通りやすくするためのポイントや名義人についてお伝えします。

同棲する場合の入居審査

同棲をする場合には、単身者や家族の入居審査よりも厳しくなることがあります。

厳しくなる要因はいくつかありますが、主な理由は結婚しているカップルよりも別れてしまう可能性が高いことです。

別れてしまえば一緒に暮らすことはありませんので、家賃の支払いが不安定になります。

収入の高かった人が出ていってしまった場合には、残った人だけの月収では家賃の支払いができません。

収入が高い人が契約者になることが多いですので、契約者ではない人が残ってしまうことも賃貸契約上の問題になります。

実際に、籍を入れているカップルと比較をすると別れる確率が高いことから、家賃の支払い面で問題が発生しやすくなります。

大家さんの中ではカップルの間に何かあった時の家賃を心配して、同棲の入居審査は厳しくなります。

同棲する場合の名義

同棲で賃貸契約を交わす時の名義人や一緒に暮らす人の『続柄』をどうすればいいのか、迷うことがあるかと思います。

仕事と収入が安定している人が、名義人になるのが理想です。

大家さんの入居審査は家賃を払い続けられる能力があることと、信頼できる人柄であるかの2点に絞られます。

ただし、結婚をしているカップルの入居審査よりも厳しくなることがありますので、より安心してもらえるように契約をするときに工夫をしてみましょう。

ひとりが連帯保証人になり、双方の親にも連帯保証人になってもらうことで、入居審査に通りやすくなります。

両親に保証人になってもらうことで、金銭面での保証が確保される上に、親がお付き合いを認めていることが大家さんに伝わります。

両親が連帯保証人にならないケースでも、付き合いが長いことや親も承知していることを話しておくと印象が良くなります。

もし両親が連帯保証人になれないときには、保険会社を利用することも検討してみてください。

続柄は結婚を前提にしているのなら、婚約者が妥当です。結婚に関して未定の場合には、知人や友人と記入し、同棲であることも加えておきましょう。

入居審査に通りやすくするために、うその記入をする必要はありません。

結婚の予定がなくてもおふたりの人柄が良く、信頼できることが伝われば、大家さんからの許可はおりるでしょう。

賃貸で同棲を始めるための3つのチェックポイントまとめ

いかがでしたでしょうか?

籍を入れているカップルと比較をすると入居審査が厳しくなることもありますが、同棲カップルでも契約できる賃貸物件はあります。

同棲カップルOKの物件を探すことが大前提ですが、同棲におすすめの間取りとゆとりを持って生活できる家賃の物件を見つけることも優先課題です。

理想の物件を見つけたら、申込みをして入居審査を受けます。

大家さんや不動産会社から信頼を得ることが入居審査をクリアするポイントです。

通常ひとりの契約者をふたりにしたり、双方の両親に連帯保証人になったりしてもらうことで、大家さんの安心渡が上がります。

同棲することを隠して、契約したほうがいいかと思われることもあるでしょう。

契約書に書かれていない同居人の存在が後からバレてしまうと契約違反にあたります。

同棲することに後ろめたさを感じる必要はなく、同棲でも契約できる賃貸物件を見つけていきましょう。