3LDKに4人家族は狭い?快適に暮らせる上手なレイアウトとは?

4人家族が住むための間取りとして、3LDKは十分な間取りであると言えるのでしょうか?

4人家族には狭いのでは…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、3LDKの間取りにはメリットもあり、工夫をすれば4人でも十分に快適な生活を送ることができます。

ここでは、3LDKで4人家族が快適に生活するために知っておきたい情報を解説していきます。

3LDKへの入居を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

1. 3LDKに4人家族で住むことはできる?

結論から言うと、3LDKに家族4人で住むことは十分に可能です。

この場合の家族4人とは、夫婦と子ども2人の家族を想定しています。

マンションを例にとると、一番供給量が多い間取りは3LDKです。

4人家族で住む場合、夫婦の寝室1部屋と、子どもが大きくなった時にそれぞれ個室を子ども部屋として用意したいと考えるでしょう。

なので、子どもが大きくなると空き部屋がなくなってしまいます。

何かの際に、もう1部屋必要になることも考えられます。

例えば親戚が泊りに来たり、仕事部屋や書斎を確保する必要がある場合などです。

一般的には、夫婦の寝室を1部屋確保し、残りの2部屋を子ども部屋にあてようと考える方が多いでしょう。

しかし子どもがまだ小さいうちは、夫婦の寝室で一緒に寝るケースが考えられます。

ですので、このような場合には子ども部屋を2部屋用意する必要はありません。

また、子どもが同性同士の場合には、1部屋を子ども2人の部屋に割り当て、残りの1部屋を他の目的に使用することもできます。

このように工夫次第で、4人家族が3LDKに住むことは十分に可能なのです。

2. 3LDKに4人で暮らすメリット・デメリット

では、ここからは3LDKに4人で暮らすことのメリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。

2-1. メリット

ここでは、3LDKに家族4人で住む場合のメリットを紹介していきます。

・マンションの物件は3LDKが最も多い

これは、4人家族でマンションに住もうと考えている場合、最大のメリットです。

賃貸・分譲を問わず、最も供給量が多い間取りは3LDKなので、物件を探すときに希望に沿った立地の物件に住みやすくなります。

4人家族で3LDKは狭い、と感じる方もいらっしゃると思いますが、部屋の割り振りやインテリアの工夫によっては、十分に住むことが可能です。

しかし、さらに余裕を求めて、4LDKの物件を希望する方もいらっしゃるかもしれません。

同じ立地で少し余裕のある4LDKの物件と比較した際には、家賃や物件の価格に大きな差が出てきます。

住まいに対して支払える予算はどなたでも限られているので、立地にこだわるなら3LDKの物件のほうが、希望の場所に住むことができる可能性が高くなります。

・資産価値は立地で決まる

逆に広さにこだわるあまり、3LDK以上の間取りの物件を3LDKと同じ予算内で探そうとすると、3LDKの物件よりもはるかに利便性が低い物件にしか住めない可能性が高くなります。

分譲マンションや持ち家の一戸建ては、住まいであると同時に不動産という「資産」になります。

なので、将来的に資産価値が下がりにくい物件を選ぶべきです。

不便な場所にあるゆとりある4LDKよりも、利便性の高い場所にある3LDKの方が、資産価値が下がりにくい傾向にあります。

不動産を購入した場合には、将来賃貸物件として貸し出したり、売却するときのことも考えておく必要があります。

限られた予算で住まいを選ぶ場合には、将来のことも考えておきましょう

・子どもの成長に沿って部屋の使用目的を変えることができる

先にも述べたように、家族4人というと夫婦と子ども2人という構成が一般的です。

まだ2人目の子どもはいないけれど、将来的には欲しいと考えている場合や、子ども2人がまだ小さくて夫婦の寝室で一緒に寝るケースもあるでしょう。

現在はそのような状態でも、将来的には子ども部屋を用意しなければならない時が必ず来ます。

その時に3LDKの間取りであれば、十分に対応することができます。

1部屋を親の書斎や仕事部屋として利用したい場合でも、1部屋を子ども部屋として利用することも可能です。

子ども部屋は、必ずしも完全な個室である必要はありません。

子どもが同性同士てあれば、2人同室にすることに対して抵抗はないでしょう。

また、兄弟姉妹間の年齢が離れている場合には、上の子どもにだけ子ども部屋を割り当て、下の子どもは夫婦の寝室を使わせるという方法もあります。

3LDKに家族4人で住む場合でも、工夫次第で限られた部屋数を有効に活用すれば、十分にゆとりのある生活を送ることができます。

・ライフイベントに合わせて断捨離を行えば収納も十分

3LDKに、家族それぞれのスペースを用意することは十分に可能です。

では、家族の持ち物についてはどうでしょうか?

十分な収納スペースを確保できるかどうか、心配な方もいらっしゃると思います。

子どもが小さいうちは、玩具や洋服などを親が管理して収納しておく必要があります。

しかしこの時期には、収納スペースの心配はしなくてもよいでしょう。

なぜなら、将来子ども部屋として使用するつもりの部屋が空いているので、ここを収納室として利用することができるからです。

子供服は購入したりお下がりにもらったりして、どんどん増えていっても、次のシーズンにはサイズアウトしてしまうということもよくあります。

そのような子供服は、状態の良いものは親戚の子どもにお下がりにあげたり、フリマアプリを利用するなどして手放してしまうようにしましょう。

間違っても、下の子どものためにとっておこうと考えてはいけません。

下の子どもが大きくなるころには、流行も変わるので新しいものを着せたくなったり、さらにお下がりをもらったりすることが予想されるからです。

ですので、着ることができなくなった衣類は、思い切って手放してしまいましょう。

このことは、親の持ち物にも言えることです。

ワンシーズン着なかった服は、必要のないものとみなして処分してしまうことをおすすめします。

子どもが大きくなり、子ども部屋で寝るようになったら、そこにタンスなどの収納家具を置き、親がサポートしながら、自分で持ち物を整理整頓・収納するようにしつけていきましょう。

3LDKの間取りであれば、収納家具を設置するスペースに困ることはまずありません。

不用品をため込まない生活習慣を家族全員が身につけることで、3LDKの住まいをさらにゆとりあるものにすることができます。

2-2. デメリット

次にデメリットを考えてみましょう

・居住者が増える可能性がある場合には将来手狭になる

この先も家族4人の暮らしが続くのであれば、3LDKで生活していくことに大きな不便を感じることは少ないでしょう。

しかし、3人目の子どもを欲しいと思っていたり、夫婦どちらかの親を引き取り同居する予定があるという場合には、3LDKでは生活しづらくなってしまいます。

子どもは、子ども部屋のうち1部屋を同性同士で使わせるという方法で乗り切ることができますし、将来進学や就職で家を出る可能性も高いので、ある程度は対応可能です。

しかし親との同居となると、事情は変わってきます。

親を引き取り同居する際には、最低でも荷物を含めて1部屋をきれいに空にする必要が出てきます。

そのためには、新たに収納場所の確保や子どもを2人同室にしなければなりません。

さらに親が持ち込む荷物の量によっては、親専用の居室以外にもスペースを確保しなければならないケースも考えられます。

しかし、親と同居する際に最も問題となるのは、「心理的」なスペースの狭さであると言えます。

子どもが独立して家から巣立っていき、スペースが広くなっても、同居している親とプライバシーを確保した生活を保つことは3LDKの物件では困難です。

このように、将来家族が増える可能性がある方にとっては、3LDKは快適に住むことができる広さであるとは言えません。

・リビングの形状に注意

3LDKの物件には、リビングの形状に2つの種類があります。

それは、縦長リビングと横長リビングです。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、入居を決める前にその特徴をよく知っておかないと、同じ3LDKでも住み心地に大きな違いが出てきます。

入居を希望する3LDK物件のリビングが、自分たち4人家族のライフスタイルに合ったものでないと、快適な生活を送ることができなくなってしまいます。

リビングの形状が自分たちの生活に合ったものかどうか、事前にチェックしておきましょう。

3. 3LDK快適に暮らせるのは何人家族まで?

3LDKの物件で快適に生活することができるのは、原則として4人家族までと言えます。

これはLDK以外の3部屋のうち、1部屋を夫婦の寝室、残りの2部屋をそれぞれの子ども部屋に割り当てることができるからです。

しかし子どもの年齢や性別によっては、夫婦と子ども3人の5人家族まで快適に生活することができるケースもあります。

同性の子ども2人に1室の子ども部屋を使わせたり、3番目の子どもがまだ小さいうちは夫婦の寝室を3人で使い、上の2人にそれぞれ子ども部屋を割り当てることができるからです。

一般的に、子どもはいずれ独立して家を出ていきます。

なので子ども部屋は、3LDKに住む期間の一時期しか必要としない、ということを頭に入れておきましょう。

4人家族で3LDKに住む期間は限られています。

その後夫婦二人で過ごすには、3LDKは十分過ぎる広さであると言えるでしょう。

4. 4人家族におすすめの間取りとは?

予算を無視して考えるのであれば、4人家族が快適に暮らすことができる間取りは4LDKです。

夫婦の寝室に1部屋、子ども1人につき1部屋の子ども部屋、さらに予備としてもう1部屋あれば、狭さを感じることなく生活することができるでしょう。

予備の1部屋は、客間や普段使わない物の収納場所など、さまざまな用途に利用することができます。

4LDKの間取りが、4人家族にはおすすめの間取りであると言えます。

しかし、4LDKの物件は3LDKに比べて供給が少ないため、気に入った物件を見つけづらいといった難点もあります。

また、同じ立地の場合4LDKの物件は、3LDKの物件に比べて数百万円も高額になります。

また、将来の売りやすさや貸しやすさにも違いが出てくるため、購入を検討している場合には、その点も踏まえて間取りを決めるようにしましょう。

5. 狭い間取り(3LDK)でも4人家族が快適に暮らせるレイアウト例

3LDKの物件で4人家族が快適に生活していくためには、特にリビングの家具のレイアウトに工夫が必要です。

なぜなら子どもが小さいうちは、主にリビングで遊ばせることが多いので、けがをさせないよう家具のレイアウトに気遣う必要があるからです。

さらに子どもが小学生になると、リビングで宿題をするようになる可能性が高くなります。

現在では子ども部屋の学習机を使わずに、リビングのテーブルで勉強をする子どもの比率が多くなっており、そのほうが成績も向上するというデータもあります。

ですので、リビングはLDKのどこにいても子どもが目に入るように、家具をレイアウトする必要があります。

リビングで一番大きな家具は、ダイニングテーブルです。

子どもがダイニングテーブルに隠れて目が届かなくなることがないよう、配置には十分に注意しましょう。

6. まとめ

ここまで、4人家族が3LDKの物件に快適に住むための方法を解説してきました。

3LDKの物件には、メリットもデメリットもあり、住み方次第では狭さや住みにくさを感じてしまうこともあります。

そのようなことが起こらないよう、3LDK物件のメリットとデメリットをしっかり把握しておきましょう。

また、デメリットを極力抑えるよう、住み方や家具のレイアウトなどを工夫し、3LDKでも家族4人快適に暮らせるように工夫していくことが大切です。