1LDKと2LDKの3つの違いとは?間取りの選び方まとめ

物件を探す際、よく見かける間取りに「LDK」という表記があります。

「LDK」とはリビング・ダイニング・キッチンのことで、名前のとおり居間と食卓と台所の機能が1つの部屋に併存している間取りのことです。

その用途に従って使用するために必要な広さ、形状、機能を有している部屋を指すため、居室の他にもう1つ生活空間に使える部屋がある間取り、ということになります。

最近では1LDKや2LDKなど、この「LDK」の物件が増えてきていますが、実は一口に「LDK」と言っても、1LDKと2LDKでは大きな違いがあることをご存知でしょうか?

今回は1LDKと2LDKの間取りや広さ、快適に過ごせる人数、家族構成、家賃など、それぞれの違いについてご説明します。

1. 1LDKと2LDKの違いとは?

1LDKと2LDKでは、大きく分けて2つの違いがあります。

1つ目の違いは、居室の数です。

1LDK、2LDKともに、間取りの頭にある数字は居室の数を表していて、1LDKは居室が1つ、2LDKは居室が2つある、という意味です。

居室の数が違うということは、そこで生活が可能な人数や用途も大きく変わってくるので、これが1LDKと2LDKの一番大きな違いと言えます。

2つ目の違いは「LDK」の広さです。

「公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会」の不動産広告のルール(※)では、「LDK」の基準は1LDKの場合は8帖以上、2LDK以上の場合は10帖以上と定められています。

つまり表記上は同じ「LDK」でも、1LDKと2LDKでは広さの基準が違うため、「LDK」の広さに差がある場合があります。

以上の違いから、1LDKと2LDKとでは、物件全体の広さに大きな差があることが分かりますね。

もちろん、それぞれの居室の大きさにもよって多少の違いは生じますが、一般的な物件においては上記の認識で間違いないと言えます。

(※)公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

平成23年11月11日に開催された不動産公正取引協議会連合会第9回通常総会において定められた指導基準。

2. 1LDKと2LDKの違い①「間取り・広さ」

それぞれの居室の広さなど、物件や建物によっても違うため比較は難しいのですが、以下ではそれぞれの間取りの具体的な違いを説明します。

2-1. 1LDKの場合

1LDKの間取りでは居室を寝室にし、「LDK」を生活空間にできるため、生活にメリハリをつけることができます。

具体例としては、寝室と「LDK」が分かれているため、寝室に食事のにおいなどの生活臭が移りにくいことが挙げられます。

特に家に友人を呼ぶ機会が多い人は、寝室を閉めることで生活感を隠すこともできますし、「LDK」を使ってくつろぐことも可能です。

「DK」などの間取りと比べて余裕のあるスペースを確保できるため、テーブルに加えて大きなソファやテレビなどを置くことも可能な間取りです。

また、フリーランスなど在宅で仕事をされる人の場合、作業スペースと生活スペースの両方を確保するには最適と言えます。

居室以外にも部屋があるという性質上、荷物が多い人は収納に困らず、荷物が少ない人はインテリアにこだわれるなど、自由度が高い間取りと言えるのではないでしょうか。

ただし、もともと2人暮らしなどを想定した物件のため、1人で住む場合は広い分の光熱費や家賃が割高になる傾向があるので、注意が必要です。

2-2. 2LDKの場合

1LDKに比べた場合、2LDKのメリットはLDKの他に居室が2つあることです。

1LDKのメリットはそのままに、生活空間の中心となる「LDK」と寝室の他にも1部屋確保できるため、さらに空間にゆとりを持つことができます。

将来的にお子さんが生まれ、成長した場合には子供部屋を作ることもできるので、子育てのコミュニケーションを考える上で、理想的と言える間取りです。

2人暮らしで荷物が多い場合には、居室の1つを納戸にすることで、もう1つの居室と「LDK」に大きな余裕を持たせることも可能です。

ただし流行したのが比較的最近のため、築年数が浅い物件が多く、反面家賃が少し高いことも特徴です。

家賃が高くても人気がある間取りですが、比較的物件数が少ないため、なかなか見つかりにくいといった点もデメリットと言えます。

3. 1LDKと2LDKの違い②「快適に過ごせる人数と家族構成」

それぞれの間取りに適した「快適に過ごせる人数」と「家族構成」には、どのような違いがあるのでしょうか?

以下では間取り別に説明します。

3-1. 1LDKの場合

カップルでの同棲や子どものいない夫婦など、2人で生活する場合に向いている間取りと言えます。

生活空間が居室とリビングになるため、2人分の荷物があっても余裕をもって収納することが可能です。

また、家具やカーテンを使って部屋を仕切ることで、それぞれのプライベートスペースを作ることもできますね。

反面、3人以上で住む場合は、生活スペースや収納場所の不足と、プライベートスペースの確保の難しさから、1LDKは不向きだと言えます。

お子さんがまだ小さいなどの理由で、3人で住めないことはありませんが、快適に生活することを考えると2人までがベストと言える間取りです。

3-2. 2LDKの場合

先述しましたが、両親と子ども1人の3人暮らしに最適な間取りと言えます。

お子さんが2人いるご家族でも暮らすことは可能ですが、「快適に」という意味では、お子さん1人がベストだと考えられます。

その理由は、2LDKの場合、「LDK」以外の居室のうち1つは親の寝室、もう1つが子供部屋となるため、2人だとどうしても手狭になってしまうためです。

お子さんが小さいうちは、1つの子供部屋に2人で遊んでいても問題ありませんが、成長すれば荷物も大人並みに増え、それぞれにプライベートな空間も必要になります。

1つの子供部屋を仕切って2人で使用することもできますが、もし男女のきょうだいであった場合など、やはり「快適」とは言い難くなってきます。

以上の理由から、長く快適に生活することを考えると、3人までがベストと言える間取りです。

4. 1LDKと2LDKの違い③「賃貸アパート・マンションの家賃」

1LDKと2LDKでは、居室の数と「LDK」の広さに関する基準が違い、さらに居室の広さも物件によって違うため、当然家賃も一定とは言えません。

他にも、土地や築年数、造りによっても変わってくる関係から、正確な家賃相場を算出することは難しいのですが、ここでは「東京都」に絞って家賃の違いをご紹介します。

・1LDKの場合

最高値:21.5万円(千代田区)

最安値:6.1万円(あきる野市)

・2LDKの場合

最高値:30.4万円(渋谷区)

最安値:6.4万円(青梅市)

地域によって任意の間取りの物件数が違うため、同じ「東京都」でも相場にバラツキは出ていますが、間取りの広さに対して家賃も比例していることが分かります。

物件を選ぶ際には、間取り以外にも色々な要素が家賃に反映されますが、一つの目安として家賃相場を知っておくことで、ご希望の間取りをスムーズに探すことができますよ。

5. 1LDKと2LDKの違いまとめ

今回は、1LDKと2LDKの違いについてご説明してきました。

間取りや広さ、快適に過ごせる人数や家族構成、家賃相場(東京都)など、それぞれの間取りで何が違うのか、お分りいただけたのではないでしょうか。

居室の数や「LDK」の広さが違うため、単純な比較は難しいのですが、それぞれ用途、居住人数、荷物の多さ、家賃などから、ご自身にあった広さの物件を選ぶことが大切です。

また、将来的に家族が増える可能性も考えると、長く快適に生活できる物件を探すことは、大きな決断となります。

ご自身にとって快適な空間を確保するためにも、ぜひ今回の記事を選び方の参考にしてくださいね。

おすすめの記事