マンションには地震で潰れやすい階がある?新・旧耐震基準で異なる?

日本は地震大国と言われており、過去には阪神大震災、東日本大震災、熊本地震など最大震度7クラスの地震も発生しています。

震災が発生するたびに注目されるもののひとつに、マンションの地震対策があり、耐震・免震などの技術が発達しています。

一軒家に限らず、マンションに部屋を借りて住む人も数多くいます。

マンションでは大きな地震が起きたとき、何階が潰れやすいかが気になる人も少なくありません。

本記事では、地震で潰れやすいマンション階を、過去の大地震の例や新耐震基準を交えて解説し、マンションごとに異なる耐震構造や、地震に強いおすすめの階についても述べます。

1. マンションの何階が地震で潰れやすい?

マンションにおいて地震で潰れやすい階は、その建物が新耐震基準で建てられたものか、1981年6月1日より前の旧耐震基準で建てられたものかにより異なります。

新耐震基準の場合、1階は特に「ピロティ」形式になっている場合は要注意です。

ピロティとは、柱をメインに構築され、駐車場や通り抜けのスペースとして使われているスペースです。

壁が設けられておらず、柱だけで上に重なる複数の階を支えているため、大地震が起きてしまった場合、柱が損傷し崩れてしまう懸念があります。

旧耐震基準の場合は、中間層の階に注意が必要です。

旧耐震基準では、途中の階から鉄筋量や柱のサイズが減少したため、その階だけが地震のエネルギーを受けやすくなるからです。

例えば、6階建てのうち、4階から使われている鉄筋や柱が変わった場合、その階は下の階ほど補強されていない状態で地震のエネルギーを受けます。

その結果、上の階に押し潰されてしまう可能性があります。

繁華街や商業ビルなどでは、元々の建物のうえに増築が施されたものもあり、それが大地震による中間層階の崩壊を引き起こしたこともあります。

現在は、多くの建物が新耐震基準に基づいて、新築または補強を受けているため、このような恐れはあまり見られなくなっています。

1-1. 過去の大地震の例

過去にも大地震が起きるたびに、建物が倒壊した例が報じられています。

阪神大震災でも、多くの建物の倒壊が明るみになりましたが、そのほとんどは、旧耐震基準の建築物でした。

1階が潰れただけでなく、中間層だけが潰れたケースもあり、加えて細長い形式の建物自体が、大通りに倒れてしまったこともありました。

熊本地震では、主にマンションの1階が押し潰されるという被害が多かったです。

駐車場に使われていた1階のみが押し潰されたことにより、他の階にも大きな危険が及ぶ事態が発生しています。

阪神大震災よりも新耐震基準で作られた建物は多かったですが、1階部分が駐車場だと震災クラスの衝撃を防ぎきれないケースが多いようです。

1-2. 新耐震基準

新耐震基準は1981年6月1日、当時から3年前の宮城県沖地震の家屋倒壊被害をきっかけに設けられました。

新耐震基準のコンセプトは、「東日本大震災レベル (M9.0)の地震でも死者を出さないこと」と言われています。

現在の耐震基準には3つの等級があり、新築マンションは最も低い等級1であることが多いです。

それでも震度6強から7の地震に耐えられる設計が施されているのがほとんどです。

壁や柱などのひび割れや、部屋の中の家財道具の倒壊などのリスクは残りますが、阪神大震災などで見られた建物の倒壊という最悪の事態は避けられるように作られています。

2. マンションごとに異なる耐震構造

新耐震基準のもとに作られたマンションであっても、建築物によって耐震構造が異なる場合があります。

耐震構造には3つのタイプがあります。「耐震」、「制震」、「免震」です。

2-1. 耐震構造

通常の耐震構造とは、地震のエネルギーに耐えられる素材を壁や柱に取り入れたり、補強材を入れたりすることにより、建造物へのダメージを軽減させることを目指したものです。

つまり、地震が起きれば、ありのままのエネルギーが建物に伝わりますが、素材が強固であるためにダメージが抑えられます。

しかし守られるのはあくまでも建物の外壁のみであり、震度6レベルで起こりやすい家財道具の転倒までは防ぐことはできません。

住人が各自で対策を講じる必要があります。

2-2. 制震構造

制震構造とは、振動軽減装置を建物に組み込むことで地震の揺れを吸収する構造です。

こちらは、震度6レベルの自身が来ても、エネルギーの大部分を吸収し、外よりも揺れを感じにくくしてくれます。

そのため、普通の耐震構造を取り入れた建築物よりも家財道具の転倒リスクを軽減します。

制震構造は、10階以上ある高層マンションをはじめとする建築物に採用される場合が多いです。

建物は階が高いほど揺れが大きくなります。

タワーマンションの上の方の階だと、震度4の揺れでも5弱に感じることもありますので、震度7だと甚大なダメージが予想されます。

それを防ぐために制震構造が取り入れられます。

2-3. 免震構造

免震構造は、建築物と基礎の間に免震装置を組み込み、地震のエネルギーを建物に伝わらないようにする構造です。

これにより、建物は直接地面に触れることはありません。

しかし、免震装置と繋がっているため、通常の耐震構造よりも地震のエネルギーが伝わりづらくなっています。

地震のエネルギーを受け止めたり、吸収したりするのではなく、受け流すようなイメージです。

2-4. どの構造が最も優れているか

このように建物により、震災レベルの地震対策は異なっています。

どれが最も優れているかは、物件を求める人によります。

耐震構造の場合は、震災レベルの地震に耐えられる頑丈性をアピールしています。

しかし家財道具の転倒までは防いでくれるわけではないので、自力での対策が必要です。

制震構造は揺れをコントロールする構造の一種であり、台風などの揺れもコントロールするので、特に高層階に対して効果を発揮しやすいと言えます。

免震構造は地震のエネルギーを受け流し、外よりも地震を強く感じにくい効果がありますが、縦揺れの場合は免震の効果がないという意見もあります。

アプローチの違う3つですが、どれも建物の耐久性を高めていることは確かです。

3. 地震の不安を解消するにはマンションの何階がおすすめ?

前述に紹介した耐震構造タイプのうち、どれが取り入れられているかによって変わります。

通常の耐震構造の場合は、高層階が低層階よりも揺れが大きくなりやすいことへの対策は施されていません。

そのため、3、4階がおすすめと言われます。

それでも1階がピロティになっている物件は、特に2階は、震災レベルの地震の際は、急降下によるダメージが加わるため要注意です。

制震構造の場合は、高層階の揺れをコントロールする働きがありますが、それでも低層階よりは大きく揺れることになります。

しかし、外よりも大きな揺れを感じづらくなる働きがありますので、あまり高すぎる階でなければどの階も大丈夫でしょう。

免震構造の場合は、地震のエネルギーそのものを吸収し、制震構造以上に外よりも揺れを感じにくくする働きがありますが、それでも震災クラスの地震が起きた場合は長周期地震動により高層階は大きく長く揺れるため注意が必要です。

地震に対する懸念が強い人は、なるべく低い階を選んだ方がいいでしょう。

4. まとめ

日本は地震大国であり、近年も東日本大震災や熊本地震など、多大な被害を出す震災が発生しているため、地震を乗り越えることを優先したマンション選びをする人が多いです。

現在、多くのマンションは新耐震基準に基づいて、震度6以上の揺れにも耐えられるよう設計されていることが多いです。

それでも、1階が駐車場などに使われ吹き抜けになっている場合は、あまりに大きすぎる地震に耐えられず、その部分が崩壊する可能性もあるので注意しましょう。

耐震構造のタイプには、建物を頑丈にする通常の耐震構造、地震のエネルギーをコントロールする制震構造及び免震構造があります。

以上の3つは、マンションを震災レベルの地震に耐えられるよう取り入れられたものです。

そのため、致命的な欠陥がない限りは、大地震による大規模なマンションの崩壊という最悪の事態が起きる心配はあまりしなくて大丈夫でしょう。